テレワークのすきま時間にお部屋でできる自立失調症予防法

先日、「テレワークになったことで自律神経失調症を発症する人が増えている」という情報がタイムラインに流れてきました。

コロナの影響で生活がここ数ヶ月で一変し、テレワーク生活になったものの、いまだ心と身体が慣れず困っている方が他にもいるのではないかと思います。そこで、同じく在宅ワーク&自律神経失調症発症歴のある者として日常実践していることを紹介することにしました。

簡単に説明すると「ただゆっくり歩くだけ」
3分〜5分程度の時間と、場所は3mぐらいの長さがある室内なら何処でも出来るメソッドです。

激しい動きではないので運動不足解消とまではいきませんが、筋トレとしての効果は抜群。また、骨盤矯正にも繋がるので、お子さん産んだばかりのお母さんなどにもオススメです。

サマタ瞑想としての要素もあり、とってもマインドフルネスな運動。リフレッシュして、よりよくお仕事進めていただけたら嬉しいです。
ということで、いつもは心の持ち方をお話している和顔美人づかんですが、今回は番外編。実生活で役に立つ「和の動き」をご紹介します。

1、【前段階】朝起きてからやること

これは本やブログでもよく書かれていることなので説明不要かもしれないのですけれど、前段階として書いておきます。朝が忙しい方でも、これだけはやっておくと格段に1日のスタートが変わってくるのでオススメです。

①朝起きたらカーテンを開けて陽の光を全身に浴びる
②白湯をゆっくり飲む(歯磨き後)
③ストレッチをする

私は朝が苦手なので上記3つだけを実践しています。実際ベランダに出て空気ごと陽の光を浴びると体が「朝だ!」と起きてくれるので、さらに良いです。余裕のある方は朝ウォーキングやヨガなどもオススメ。

2、【実践】テレワーク隙間時間にできる「和の動き」

さて、いよいよ本題です。
皆さんは「すり足」というものを聞いたことがありますでしょうか。

「かかとを上げず、足の裏全体で地面や床をするようにして歩くこと。また、その歩き方。」
weblio辞書より

弓道・相撲・剣道・能・茶道・日本舞踊など、これら全てに「和の動き」の基本動作として摺り足は用いられています。武道の種類、舞踊の流派によっても微妙に足の運びが違うのですが、今回は私が習っている「上方舞」という舞踊から摺り足の方法をご紹介したいと思います。

基本姿勢

①背筋を真っ直ぐにして直立します。
顎を軽くひいて、視線を真っ直ぐ先の一点を見つめます
肩甲骨〜背中〜腰を下げて、お尻の穴を締めるようにお尻全体を内側に向けて力を入れます。

②ひざを曲げて腰を落とします。
両手を太もも(足の付け根近く)に添え、①の姿勢を保ったまま地面へ垂直に腰を落とします。

この時、お尻やお腹が出っ張らないよう、下腹と腰で支えます。
肩とお尻が真っ直ぐになるように。女性で言うと、腰からお尻への曲線のラインがほぼ無くなるようにします。
座骨を床にズーン!と刺すようなイメージがいいかもしれません。
肩甲骨から下は下げるのですが、首より上は上から引っ張られてるような感じで真っ直ぐ保ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です